家で楽しむゲームとして追加すべき新たな6つのポーカーゲーム

いつも同じポーカーゲームばかりしているのには飽き飽きしていませんか?いくらポーカーが好きでも、いい加減もう少し楽しくて新しいゲームをしてみたくなりますよね。この記事では6つの新たなポーカーゲームをご紹介しますので、どうぞお試しください。  

  1. パイナップルポーカー 

このゲームはテキサスホールデムというポーカーと似ており、同じ方法でベットするのですが、各プレイヤーには3枚のカードが配られて、最初のラウンドの前に1枚捨てる必要があります。クレージーパイナップルやレイジーパイナップルという別バージョンでやる場合には、やり方を若干変えることができます。クレージーパイナップルでは、各プレイヤーはフロップ後までどのカードも捨てません。レイジーパイナップルの方では、カードをずっと持ち続けますが、賭けの最終ラウンドで初めて1枚捨てることができます。  

  1. オマハ 

これはカジノやオンラインのウェブサイトで人気のあるゲームです。ポットリミット・オマハでは、プレイヤーがボード上でカードを共有し、1人4枚ずつ表を下にして配られます。プレイヤーたちはそのうちの2枚を使って5枚セットのポーカーハンドを作ります。このゲームは2枚ではなくて4枚のカードでスタートするのでもっと多くのハンドを作ることができ、とても人気があります。 

  1. セブンカード・スタッド 

このゲームは以前米国で相当な人気がありましたが、現在それがカムバックし始めており、自宅からそれを楽しむことが可能です。ペースがゆっくりでリラックスしながら遊べるゲームを好む人たちには最適です。各プレーヤーには3枚のカードが、2枚は表を下に、1枚は表を上にして配られます。このゲームはやりながらルールを覚えることができるので、初心者や経験の浅いプレイヤー向きです。  

  1. オマハ・ハイ/ロー 

これはオマハのもう一つのエキサイティングなバージョンです。ポットが最高と最低のハンドの間で分割されるのです。しかしこのゲームはちょっとわかりづらく、初心者やポーカー経験の浅い人には特にしんどいかもしれません。それでも、今までよりやりごたえのある戦略ゲームをお探しの方には、このゲームが良いかもしれません。  

  1. ファイブカード・ドロー 

あなたが初めてやったポーカーは、おそらくこのゲームに似たものだったはずです。各プレイヤーには5枚のカードが配られ、何枚でも交換が可能です。最後に最高の5枚セットを手にしているプレイヤーが勝者です。このゲームではハッタリが重要なゲームの一部となっているため、心理ゲームの得意な人向きです。対戦相手のコミュニティカードを見ることができないため、それがこのゲームを難しくしています。オンラインでよく見かけるゲームです。  

  1. バドゥーギ 

このゲームにはハンドに特別なランキング制があるため、ある程度のトレーニングが必要となります。各プレイヤーには4枚のカードが表を下にして配られます。ベットした後、プレイ ヤーは手持ちのカードを交換することができ、合計3回までカードを引くことができます。 このゲームでは、最低スコア、ペア無し、といった、とにかくできる限り悪いハンドで終わったプレイヤーが勝者です。このゲームに勝つにはハッタリをかますことがとても重要で、大変楽しいゲームです。家のゲームナイトでこのゲームをする前に、オンラインで練習しておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *